toggle
2019-11-27

マル〇な自分。

 甘いもの、刺激のあるもの

 

そういうのが食べたくなる時は、たいてい疲れているとき

 

 

「ダメだとわかっていても食べてしまう。そして食べたことに後悔をする。」

 

この言葉よく聞きますが

実際にはそうやって、食べたことを後悔することも、食べた自分にダメだと×バツをつける必要もなにもなくて

 

 

ただ

 

わたしって、疲れてるんだな~

 

 

そう思えばいいだけ。

 

 

甘いものが食べたくなる欲求は

 

身体からの

「ちょっと疲れてるよ~、ちょっと身体休めたほうがいいんじゃない~」

っていうサイン。

 

 

 

サインだとわかれば

教えてくれた身体に対して

『ありがとう』ってなるでしょ?

 

 

そうしたら

教えてくれた自分に対して

×バツではなく、〇マルをつけたくなるでしょ

 

 

 

そうやってどんどん自分にマル〇をつけていけたらいいですよね~

 

 

 

 

ちなみにですが

たくさん考える人も甘いものを求めます。

それは、糖分が頭にとっての一番の栄養だからです。

 

 

身体が求めるのには理由があります。

 

身体からのサインやメッセージをみんなが受け取れるようになれるといいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です