toggle
2019-08-21

夏の日に。

夏休みを1週間ほどいただいて、今週からまた仕事が始まりました。

今週は、土曜の花背ワンダーランド、日曜の上賀茂手づくり市と2日続くのでそのための仕込みを始めています。

 

夏休み中は、両家のお墓参りに行ったり、私の地元宮津の灯籠流し花火大会を見たりと、お盆らしい日々を過ごしました。

地元の花火大会を見るのは久しぶりで、「こんなだったかな~。あ~、こんなだったなあ。」と、なんか懐かしかったし、家族で見たのも初めてでそれもなんかうれしかったな。

花火を見た後に思ったことは、花火ってすごい!ってこと。

は?という感じですか?

 

花火大会はたくさんの人で、それはそれは大勢で、宮津にこんなにも人がいたんだ~!と思わされる程だったんだけど、始まるのを待っていたときに周りを見渡すと、浴衣を着た若いカップルに、椅子を持参の老夫婦、から揚げとジュースを手にする親子とか、持ってきたごはんを食べている家族。いろんな家庭があって、いろんな人がいて。

食べ物に気をつけてる家庭もあれば、そうでない家庭もあって、食べものや洋服の好み、思考もみんなそれぞれ違う。

 

そんないろいろ違う人たちだけど、みんな花火を見て、「おー!」「きれいー!」って同じ想いを共有する。

 

それって、いろんなジャンルの人たちを理屈抜きにただただ感動させているってことで

それが花火ってすごいな~ってことになるんだけど。

 

それは自然も同じで、

例えば、すっごく大嫌いな人がいたとして、

例えば、話も好みも全く合わない人がいたとして、

でもきっと、そんな人たちとも、夕日を見たとき、満開の桜を見たとき、虹を見たときに「きれい。うれしい。」って思う感覚は一緒だったりするんじゃないかなって。

 

 

花火や自然のように、

わたしも(おやつも)なりたいな~。

って思った夏の日でした☆

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です