toggle
2020-10-28

前回の気づきの続き

わたし、前回、何度も不注意でやってしまう手の傷は「手が商売道具なんだから大切にしなさい」っていうことなんだと理解したんですけど、あれ、違ったかもです。というか、それもあったと思いますけど、他にもあったという感じです。

 

手の傷でおやつを思うように作れない時に「おやつを作ったらあかんの?」って思ったって前回書いたんですけど、それが今回この手の傷が一番教えてくれたことかもしれないです。

 

おやつから離れたいって思いがあって、だから、最初は「離れたらいいよ」って言われてるんかなって思ったんです。

でも思うように作れない日が続くと、気持ちは「作ったらあかんの?」になるわけです。

 

これ、おやつを作りたいって思いがあるからこその、「作ったらあかんの?」ですよね、きっと。

 

わたし、おやつ作りたいんやん!

そこはっきりさせたかったんやん。

自分の気持ち。

 

そんな気分です、今。

 

最初は好きで楽しかったことも、いつしか『しないといけない。』になって、この『いけない』っていうのが、結構しんどくさせるんですよね、私の場合。

でも、午前中、納品先からの注文分のおやつを作りながら、『うちのおやつを食べて何かを感じてくれたらいいな、私はその事(感じてもらうこと)がやりたいんやんな』って自分に確認したんです。

それなら、『しないといけない』じゃなくて、『自分のためにやってるんやん!』となった訳です。

 

それが私がやっててわくわくすることなんだなぁと思うと、向き合う姿勢も変わる。

 

作業になってた事を、自分に、『だめー!それだめー!』と言われた気分です。

 

 

というわけで、、午後からもおやつを焼きますね。

 

では、では!

今日もすてきな午後を~*

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です