toggle
2021-07-02

バランス。

あるオーガニックマーケットへの商品掲載の依頼を受けて、一部商品の全素材をオーガニックに変更しました。

それから半年、いや、もうちょっと経つかな

ずっと自分の中にひっかかってくすぶり続けているものの正体が何かわからずにいたんだけど、このほど、ようやく判明しました。

...

そのオーガニックマーケットへの出店は、審査と検査があって、それをクリアしないと扱ってもらえない。

自分が作っているもの、こだわり、そんなのが認められたような気がして嬉しくって、もともと作っていたおやつの材料を変更することを承諾しました。

だけどこの時、小麦を使ったおやつはオーガニックであることより使用する小麦の品種を優先したかったのでお断りしたんです。今思えば、この時に答えは出ていたのにな~とも思います。

 

オーガニックに材料を変更するといっても、メイン素材はすでにオーガニック(正確には自然栽培)だったので、サブの素材を変更するのみ。なのでさほど味に変化はないだろうと思ってたんですよね。

だけど、実際は違った。

微妙な、ほんとに微妙な、わずかなことなんだけど、バランスが当初のものと変わってしまったんですよね。だから、バランスをとるために配合を調整して焼き時間を調整してやってはいたんだけど、だんだんだんだん、元のおやつの方がいんじゃない?戻したら?っていう声がどこからともなく聴こえてくる。

変えたものを元に戻すのって、私にはちょっと勇気のいることで、なのでずっと、聴こえないふりをしてきたんだけど、もう無視できなくなってきたんですよね。

だって、自分の中でいいと思ってる事があって、だけど、回りは(ここではオーガニックマーケット)はそうじゃないものを求めている。

その狭間でうーん、うーん、どうしたものか、、となっていたんだけど、もうそんなことにようやくふんぎりがついて、自分が最初にいいと思った事を大切にしようと思えたんです。

オーガニックかオーガニックじゃないか、どちらがいいかと聞かれれば、オーガニックと答えるけど、でもすべてをオーガニックにしたからといって満足するものができるかといえば、必ずしもそうではなくて、それにオーガニックを優先して選ぶことで産地や品種をあきらめないといけないこともある。

私は、オーガニックも選びたいけど、同じくらいに品種、産地も選びたい。

小麦のおやつもオーガニックで作れませんか?と聞かれた時、自信をもって断った私は、農林61号以上の小麦はないと思っているから。(今のところ)

 

オーガニックであることはいい。

だけど、それがすべてではないと思う。

小麦が合わないかも、もう使わないほうがいいのかもって思った時も小麦がすべて悪いわけではない、って3日間パソコンに張り付いて調べあげるほど突き動かす何かがあったし、回りがどれだけヴィーガンを進めてきても、すべてのお肉が体に悪いわけではないって思ったし、そこには、『かたよることなくすべてをバランスよく』っていう自分の中のどうしてもそこはゆずれないっていう部分で、それに気づくのに今回だいぶ時間がかかってしまったけど、ようやくそこに気づけたんやなって思った。

 

揺さぶられて揺さぶられて

なんかちがうなぁ、なんかしっくりこないんだよね~とか

そんな事を繰り返しながら、

次第に自分が納得がいくもの、これだ!って思えるものが見えてくる。

 

でもこれ、回りは迷惑かなぁ?

だけど、そうやっていくしか今のところ進み方を知らないので、回りを振り回すかもしれないですけどこれからもこんなキセツノネイロにお付き合いいただければ幸いです。

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です